監督の迷い?

鹿島3-3仙台

YNカップを制し勢いに乗る鹿島は
やはり強かった。
しかし前半で3点を奪った仙台も強かった。

仙台が勝ち点2を失った(同点に追いつかれた)原因を分析してみた。

①鹿島監督が攻撃的な選手交代をしたのに対し,仙台DF陣はラインを下げて応じてしまったこと。
これは上本が怪我したことが大きい。そんなことは分かっていたはず。鈍足の広大ではラインを下げきれない。広大はラインコントロールを頑張っていたが,後半ベガ側ののアシスタントレフリーはオフサイドを取らないことで有名な方だったらしい。(ホントかな?)とにかくラインを下げたために中央から崩され,3点目を与えてしまったことは間違いない。ジュニーニョが前に出たために大きく空いたサイドのスペースを生かすことなく,ラインを下げた広大たちには上本の代わりはできない。駿足系のDFを育てなかった(獲得しなかった)チームの責任でもある。

②手倉森監督の選手交代ミス&迷い
1枚目の選手交代はやむを得ない。朴→田村。
しかし2,3枚目の選手交代は手倉森監督の迷いが出た。
すべて結果論かも知れないが,赤嶺と交代すべきは柳沢ではなかったはず。
すこし太って,守備ができなくなっていましたね。もう駄目ですね。
あんなの素人でも見てわかります。なぜプロである監督が分からない?
あそこは関口を入れてドリブルで仕掛けるか,または
武藤を入れて相手の空いたスペースを利用するべきでした。
それから富田に代わって出場したのが関口でした。
そこは普通に考えれば中原でした。
もしかしたら広島敗北の情報を聞き,
関口の守備能力で「悪くてもドロー」と思ったのではないでしょうか。

こんなに強くなったベガルタをみて
嬉しい気持ちは変わりありません。
でも地方の小規模クラブとして
身の丈経営をしている現状には満足していません。
勝っても勝っても
大きなスポンサーは目も向けてくれません。
安定して戦える環境が整わない限り,
私たちサポーターが安心して応援できる日は来ません。

さああと2試合。
新潟とFC東京にしっかり勝利し,
あとは
果報は寝て待て
でしょうかね(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック