安達さんに教えられた

仙台4-3神戸

ポゼッションサッカーを目指していて
相手のプレスを交わすことばかり考えていた仙台

今日は相手のプレスをかわせずに苦労しました。

仙台がボールを持つと1秒以内にプレスをかけられます

前線のマルキたちも走り回って
仙台のミスを誘発しました

そうだ
うちは走ってナンボのチームだった

そう気づかせてくれたのは
神戸の監督
安達さんだった

安達さんは手倉森と一緒にS級ライセンスをとり
J1ではライバル監督として注目を浴びました

しかし,神戸では戦術が浸透せず
2年前に降格

しかしながら
神戸は安達さんに全権をゆだねて
安達さんが目指すサッカーを完成させました。

今年J1に昇格して
ここまでわずか1敗の5位です。

安達さんの長期政権はしっかりとした
プレッシングサッカーを確立しました。


今日は後半に仙台が4点を取り返す,言ってみれば「馬鹿試合」でした
しかし,後半に赤嶺を投入し,相手DFにプレスをかけた
手倉森時代の共通戦術が反撃のきっかけとなったのは間違いない。


このホームで自分たちの長所である
走ってナンボ
プレスし続けてナンボ
という部分を思い出してほしい。

夏場はかなり苦しくなるが,
今年は中断期間があるので
それまでにチームを鍛えなおして
残留を実現させてほしいものです!

"安達さんに教えられた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント