サッカーは頭でするスポーツ(次は降格圏内?)

川崎1-1仙台

得点は「前線からの守備」が功を奏した結果でした。
仙台は全員守備からショートカウンターという2011の戦術に戻しました。

失点の原因は2人の選手に対するマークがなかったこと。
川崎のパワープレイに対し,キーマンである中村憲とデカ森嶋の二人を
しっかりマークしませんでした。
このパワープレイ戦術への対策は馬鹿でもわかるものですよね?
パスの出し手の中村
ヘッドの強い森嶋
なぜマークしないのですか?
完璧にやられました。

おそらく中村をマークすべきは前線の選手たち。
誰一人プレスにいかず,どフリーで悠々とクロスを上げています(アンビリーバブル!!!)
なぜなら前線の選手たちは前半からハードワークしていたため,体力を失い,
プレスをかけるのはまず無理です。
こんなの考えればすぐわかります。

結局,赤嶺とウイルソンの2枚を最後まで変えなかった渡辺さんの采配がこの結果を生んだといえます。
しかも交代枠を1枚使わず残しました!どうして?
FWの守備は今日の戦術でしょ?
前線からの守備は相手の攻撃の起点を消すことになり,90分続けて意味があるのです。
震災後,ホームで選手たちは口々に言いました。
「サポーターの声援が,俺たちの体を動かしてくれた」と,,,。
この戦術では「動かないこと」=「勝てない」なのです。
こんなのは考えればすぐわかることです。



前半だけFWは動いて守備をし,得点を取ることができました。


しかし後半になり,FWは動けず守備ができなくなり,結果,失点しました。


結果は当然ですよね。
こんなの考えればすぐわかることです。




渡辺さんは駒澤大学でしたっけ?
うーん,サッカー戦術分析を大学で学んできたようには思えませんね。
駒大○○高校って,成績は,,,でしたよね。
経営ばっかり考えて,生徒は金づるとしか考えない経営者でしょうね,きっと。
「教育」や「宗教」を大義名分にして「金儲け」をしていることを許してはいけない。
本当に腹立つ!



サッカーは頭でするものです。筑波大はもっと頑張るべきです!
三澤~!!(泣)
あれ?今日の相手,風間さんって筑波大の監督だったっけ?(笑)


P.S
あっ|「頭」って,森嶋のゴールを見て言っているわけではありません。(笑)
「頭脳」ですよ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック