「勝ち」よりも「フェア」に(注意:ちょっとした愚痴あり)

仙台3-2清水

W杯中断後,初の勝利でした。
私は手放しでは喜べません。

上本のプレイスタイルについて疑問を感じました。


彼の長所は判断力の速さと,足の速さです。
この2つの武器のおかげで,「個」の力で危機を救います。

短所はすぐに手を使うこと。
審判が見えない角度で狡猾にユニホームを引っ張る癖があります。
また,相手の決定的なチャンスで意図的なファールを安易に選択することろ。
そんな彼の印象から,イエローカードコレクターとして私は認識しています。

さて昨日の試合はたくさんのイエローカードが出されました。
前半の武藤(実質は野沢の手柄)の大活躍で2点を奪うまではフェアな試合ができていました。
ところが,前半終了間際,なんとテクニシャンの野沢がイージーミスで相手にプレゼントパスをします。
このミスから清水はショートカウンターを仕掛け,ついに上本の癖が出ます。
つまり,上で述べたような意図的なファールで(手を使ったと思う)相手を止めたのです。もちろんイエロー。
このファールより得たフリーキックをノヴァコビッチがものにします。壁を超える見事なゴール。

このノヴァコビッチという選手も優秀な選手なのですが,とにかくシミュレーションがひどい!
その倒れ方はまさに審判を欺く,悪質なものばかり。家本さんはかなり騙されていました。
1回だけシミュレーションでイエローを出しましたがね。

後半早々にはPKを与えてしまい,同点に追いつかれました。
このPKも上本が原因。
やはり手を使ってユニを引っ張っています。腕ごと引っ張っているようにも見えます。
手を使った守備については厳しくとると審判側から言われている昨今,PKをとられても仕方ありません。
あそこで上本が2枚目のイエローをもらっていたら,退場ですので,おそらく仙台は勝てなかったでしょう。


昨日の勝利は喜ぶべきだと思います。
MVPは武藤です。
サポーターはみな野沢と上本の存在感を感じ,ほめたたえるでしょう。

野沢に関しては私も同意。
素晴らしい選手です。失点につながるミスもありました。
でもミスしない選手なんていないのです。
大事なのは自分の役割を理解し,組織として働くことです。
難をつけるならば,守備への意識が低いところです。

上本は先に述べたとおり,アンフェアな部分が多くありすぎです。
私は一人のフットボールファンとして,あのアンフェアなプレイを絶対に許せないのです。
狡猾なプレーは報復を生み,憎しみを生み,その結果,サッカーではなくなって「ケンカ」となります。
報復的プレイから怪我にもつながることが多いです。
民度の低い国家の中では「八百長」や「審判買収」などが起こる原因ともなるのです。
勝てば何してもいいという風潮は,フットボールに携わる全員が払しょくしていかなければなりません。

上本だけではありません。角田もです。

この二人が来て仙台の強さが安定しました。
しかし,イエローカードの数が倍増し,リーグ後のフェアプレー賞をもらえなくなりました。
鎌田選手と広大選手で踏ん張っていた時代は毎年のようにこの賞をもらっていたのです。
J1にいるかぎり,フェアに戦って残留し,地力をつけるべきです。
アンフェアなプレイをしてまでJ1に残留したとしても,全然うれしくありません。




最後に,,,
私の後ろの席にいる人が本当に迷惑。
応援しているのではなく,ベガルタの選手の批判ばかりしています。
しったかぶりの講釈を垂れて,特に鎌田選手への罵詈雑言,広大選手を軽蔑する発言を繰り返します。
選手名を言わず「2番3番」と呼び,けなします。
個人のミスは誰だってあるのです。大事なのは戦術を理解し,組織的なプレイをすることです。
もう後ろがうるさくて,集中できないので,イヤホンでラジオ実況でも聞きながら観戦しようかと思っています。
みなさん
このような心無いサポが近くにいても,腹を立てずに,「他山の石以て玉を攻むべし」ですな!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック