汝,自らを知るべし

日本代表は残念でしたね。

しかし私はあまり熱狂できないのです。
それは日本代表の目指すサッカーが選手と監督の間の「妥協」であるから。

日本代表の歴史を見れば岡田さんとオシムさんの融合がベスト。(非常に現実的,理論的)

トルシエさんやジーコさんは両極端で,まねすべきではない。(理想主義的組織論vs超個人主義)

ザッケローニさんは長谷部や今野を重用し,「守備的」で「前で奪ってからの速攻」をしたかったはず。
これは岡田さんもオシムもやってた純日本的な戦術。堅守速攻ですね。
二人ともJリーグで監督経験を積んで,日本人に合った戦術をイメージできる監督です。
この戦術ならばおそらく,リーグの組み合わせが良ければベスト16に入るのは夢ではないです。

では,なぜザッケローニは失敗したのか。

欧州組の選手,特に本田選手,香川選手は堅守速攻の戦術を嫌います。
それらの選手に気を使いすぎて,彼らが望む「中盤ポゼッション」「ショートパスで崩す」戦術を採用したから。
つまり選手たちの意見に「迎合」したんだと思います。なんて日本的な失敗をしたのでしょう!(笑)
ザッケローニのような西洋人にとって「迎合」の文化はおそらくないのでは?
ザッケローニは「迎合」の文化を日本人が好むとでも勘違いしたのでは?
とにかく,日本代表の特長であった「堅守速攻」の戦術を「ポゼッションありき」の戦術に代えてしまいました。

現代サッカーのデータを調べてみるべきですね。
明らかにポゼッションを多くする=勝率が上がる
なんてデータはありません。
Jリーグではむしろその逆なのです。

「無理して攻めればボロが出る!」

メンバー全員がノーミスでポゼッションできるチームなんて「ドリームチーム」しかありません。
優秀な戦術家であれば,リアクションサッカー,つまり相手にボールを保持させて相手のミスを狙う戦術をとります。
Jリーグ軽視だった指揮官,トルシエ,ジーコ,ザッケローニでは駄目だったのです。
汝,自らを知るべし!

Jリーグで経験を積み,日本人に合った戦術を,選手に迎合することなく,熱心に理論を注ぎ込んだ岡田前監督とオシム前監督に敬意を表します

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック