苦しい時こそ俺らがいる#2

仙台1-1甲府

ホームで2回目の観戦でした。
年チケ代もやっとお返しできて,スッキリ。

甲府はドン引きして守ってカウンターのチーム
やはり個人技術が乏しくパスをつなげないため
このような戦術をしいています。
監督は城福さん。

仙台はまともに攻め急いだら甲府の術中にはまってしまい
カウンターの餌食となること必須です。

今日の仙台はあわてず急がず
最終ラインでボールを回してうまく時間を使っていました。
2トップにしたためにボールの収まりがよく
変に急いでミスすることもありませんでした。

5試合で1点しか取れていませんので
得点するなら流れの中よりはセットプレーだなあと思っていました。
案の定
先制点はベガルタのコーナーキックから生まれました。

普通ならこの後は甲府にボールを持たせて
勝手にミスをするのを待つような戦術がいいのです。
仙台とそっくりな台所事情の甲府ですから。
しかし仙台はそんな簡単な方法すらできないのです。

甲府がボールを保持し,ミスでボールを仙台にプレゼントしてくれます。
そのボールをボランチの角田が拾います。
角田は判断が遅く,フィードしようとキックすると
もう相手の足が伸びてきてボールをカットされます。
ショートカウンターを防ぐためにSBの石川が相手を引っ張って倒しイエロー。
PAの右からの絶好のフリーキックを与えてしまいました。
長身の盛田をパワープレイ要因として投入した城福さんの思惑通り
競り負けてクリアミスしたボールを青山がシュート。
同点弾を許してしまいました。

今日の戦い方はベストでした。
先制点の取り方もベストでした。

駄目だったのは監督の戦術ではありません。
個人技の面ですべて劣っているという現実をフロントが認識せずに
「オフにきちんとした補強をしなかった」ことが今季の不調の原因です。


どうすれば這い上がれるか?
それはアーニー監督の戦術練習だけでは無理です。
甲府のようにある程度引いて守り
鋭いカウンターを浴びせる時期を待つのが有効です。
「汗をかく選手」が必要で
昔在籍したジュニウソンのように中盤で鬼プレスをかける選手がほしいところ。
適性としては富田選手がいいのですが
どうも彼はクールなパスカットを狙っていて
最近泥臭さが無くなりつつあります。
武井選手,八反田選手,藤村選手とボランチ候補がいるのですから
「汗をかく選手」を一人育成してほしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック