無念(今回はただの愚痴です)

ベガが調子が悪いというのに
観戦もできない

頚椎の変形に伴う神経圧迫
つまり「頚椎症性神経根症」という
厄介な病気が再発しました。

こうしてキーボードに手を伸ばしているのも苦しい

四六時中,激痛が首,肩,腕にあらわれる。
昨年と同じ「生きているのがいやになるような痛み」の再発。
薬を飲んでもただ眠くなるだけで,痛みが上回り,結局眠れない。
うずくような痛み=疼痛というのだそうだ。
初めて知った。

仕事を休むわけにもいかず
黒板の前でうずくまりながら授業をする
子供たちが下校した後
すぐに退庁し
整形外科でリハビリを行い
帰宅後は昨晩の寝不足を補うためにベッドで安静にする

職場ではやはりこの病気のことをよく知らない人が多く
「どう,よくなった?」
「医者かえてみたら?」
の連発。

大人げない私は
「これは長期戦なので…痛み昨日と同じです」
「仙台一の頸椎症の権威からも,ずっと安静にして数か月かかると言われました」
(実際,昨年仙台整形外科で診察してもらった)
「ネットで調べてもどれも同じです。神経組織修復のビタミン剤とコンドロイチンの服用で対応するのが一番です」
とマジレスするが,相手は「ポカン」ですわな(笑)

ひどい同僚になると
「サッカーやAKBで腕を振り回して応援してるからじゃない(笑)」
などと腹立つご忠告。

先週は火曜日に2時間授業を補欠してもらい,木曜日は一日休暇をもらった。
今週はどうしても出勤しなければならないスケジュールのため月~木と
うずくまりながら運転し,授業し,睡眠時間もほとんど補充できず。
今日はさすがに「安静にしなければ」というセルフコントロールが働き
無理を言って一日休暇をもらった。
一日安静にするだけでずいぶんと苦痛が収まるものだ。


しばらくはベガルタの応援はできまい。
あと1か月か2か月か…
スカパーに入るかな…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kuro
2013年09月08日 22:07
お大事に。自分も昔同じのになりました。自分は紹介されて、泉にある本間記念東北整形外科に通いました。あなたの好きなベガルタの選手もリハビリで使っているそうです。まあ、自分の場合、病院が合ったのか2~3ヶ月通院して改善しました。あれは苦しいですね。
2013年09月13日 19:25
ただ,ただ,ありがとう。
もうすぐ発症から20日目。
昨年は30日目で早期完治できたのがうそのようです。
今週は毎日授業をしました。寝不足は相変わらずだし
教材研究などできずに教卓に立つ日々です。
幸い子供たちはとてもいい子たちで,会うだけで
元気をもらっています。
本間記念に行ってサインでももらお…
いや,ふざけたことは言わないでおきましょう!
とにかく健康第一ですよね!ありがとう!

この記事へのトラックバック