裏を取る&スペースを作る動き

仙台2-1東京

ようやくリーグ戦2勝目で
2勝2敗2分
となりました。

角田選手がリーグ戦初スタメンでした。
この選手のおかげで勝てた試合でした。
まずシュートを打つ姿勢が違いますし,
それだけのパワーを持っています。
それにロングフィードの正確さ。
梁選手よりも今は重要な選手ですね。

このような素晴らしい選手がいるのですから
角田選手から多くのことを学んでほしいです。
特に藤村選手や和田選手は将来のボランチですから
期待してしまいます。

さて昨日の試合です。
前半は東京に押されっぱなし。
セカンドボールへの寄せのスピードが違いました。
しかもパスミス&相手へのプレゼントパスの多いこと。
前線でキープできず,太田選手をうまく使うことができません。
まちがいなくACLの影響ですね。
ナビスコ杯とはちがう体の疲れがあるのでしょうね。
しかも手倉森さんは固定メンバーが好きだから…。

後半になって
角田選手の攻めの姿勢が功を奏し
先制点を奪うことができました。
反撃をしようと前がかりになった東京を
カウンターで沈めたのはウイルソンでした。
ソウル戦で惜しいシュートを3つ外したうっぷんを晴らすかのような
角度のないところからの素晴らしいシュートはゴールマウス内のサイドネットに突き刺さり
スタジアムは大歓声にあふれました。
凄い選手です!

今,ベガルタの前線では
裏を取る動きとスペースを作る動きが求められています。
じゃあ,誰がそれをするのか?
適した人物がいました!
柳です。
実はウイルソンといいコンビができています。
以前はウイルソン自らがスペースを作り
1・2パスを使って自分がそのスペースへ走りこむスタイルをとっていました。
柳が入ることでそのスペースづくりの負担が減り,意外性のあるコンビネーションが生まれます。
今後も期待したいところです。

残念なのは途中出場の選手がまったく戦術を理解していないし,
フレッシュさを生かし切れていないところ。
そう
ヘベルチ選手と佐々木勇人選手には猛省をしてもらいたい。
守備で走らない。
スペースへ走らない。
スペースも作らない。
この2人はただ足元にボールを欲しがって
バイタルエリアでてくてく歩いているのですから。
挙句に
疲れている選手に向けて
厳しいパスを入れて走らせるなんて!
「こらっ!走るのはおまえだろ!疲れているスタメンを走らせるなっての!」
そんな感じですな。

代わりに武藤を使って育てたい。
いや,奥埜はどうした?また怪我ですか?
あと,和田選手はクロスをもっと入れてほしい。
経験を積んで
逆サイドの菅井選手の動きをしっかり見ることができるような
サイドバックがいてほしいです。


最後に
審判はどうにかならないか?
ACLは韓国に買収されているとしか思えないジャッジ。
Jリーグでは基準がぶれまくり,シミュレーションに騙されてばかりのジャッジ。
審判が試合を壊してしまうのは許せない!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック