2013開幕戦 勝たないとつまんね~

仙台1-1甲府

試合前は2-0ぐらいで勝ってほしいと願っていました。
しかし我が軍は昔の姿に戻っていました。

広大のヘッドで先制した仙台でしたが
虎の子の1点を守りきる力は持ち合わせていませんでした。

キーパー萩からのなんてことないフィードを
広大と石川がコンビネーションミス。
変わって入った河本とかいう新人に頭で競り負け
ウーゴの待つスペースへ落とされてしまいました。
ウーゴは落ち着いてゴールを決め,引き分けに持ち込まれました。

仙台がキャンプで練習してきた
前線のメンバーによる連係プレーは
まったく影をひそめ
太田などはすっかり消えていました。

まずルーズボールをまったく拾えない。
甲府の動き出しの速さ
プレスの速さに
あわててパスを中途半端に出してボールを失ってばかり。

良い位置でフリーキックを得ても
往年の梁の技術は衰えを感じさせるものばかり。
新世代のプレイスキッカーを育てる必要を感じます。
頑張れ奥埜!越後!藤村!

仙台としては
上本,角田の飛車角が不在。
サイド攻撃のポイントの菅井・朴もいない。
和田>蜂須賀
と思いきや
蜂須賀が一歩リードか。
富田を見ると貫録を増して
Jでは最高のレベルになってきているのを感じます。

や~っぱり勝たないとつまんね~!
そんな気持ちでいっぱいになった開幕戦でした。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック