unforgettable season

仙台2-0神戸

赤嶺の2得点!
松下,太田の活躍
広大のバックアップ
チームの底力を見せてくれました。

苦手とする神戸も
もう怖くない!

4位を実現した手倉森監督。
続投も予感させるコメントを出しましたね。

マリノスがドローだったため,4位の座を最後に奪い取りました。
この幸運はまだまだ続き,もしかしたらACLへの切符まで手に入れそうな勢いです。

そのための条件は
自力なら…天皇杯優勝(私的可能性は20%ぐらい?)
他力なら…天皇杯で柏,名古屋,ガンバのいずれかが優勝(私的可能性は50%ぐらい?)

一方で
細川選手と大久保選手の「更改せず」の報道が…
チャンスを与えられ,ものにできなかった細川選手は当然の結果ですね。
仙台大学との提携は必要なのでしょうか?疑問です。
大久保選手はこれといったチャンスを与えられず,チームを去ります。
育成部の存在意義さえ否定するような,この不作状態について,フロントはどう説明するのでしょう。

育成方針の大胆な見直しが絶対必要です!
広島ユースや新潟ユースに偵察を出して,学ぶべきです。
そもそもブランメル時代の引退選手だとか,昔の仲良し仲間をコーチとして雇っているような
ユルユルな体質を改善するべきでは?(今日もカラクチになってしまった…)

とはいえ
今シーズンは
おそらくいつまでも忘れることができないシーズンになるでしょう。
no life no football
の本当の意味について実感できました。
・リーグ復活後の川崎戦,太田選手の決勝ゴール!
・チャリティーマッチでの三浦カズ選手のゴール!
これが私の今季ベストゴールです。
ベストマッチは
平日ホームでのガンバ大阪戦でした。

この記事へのコメント

めだまおやじ
2011年12月27日 08:35
久しぶりですね。
最終節で、勝ちましたね。
来年はぜひ、ベスト3を狙って頑張ってほしいです。

        ベガルタファイト!!

この記事へのトラックバック