磐田に敬礼!

磐田3-0仙台

完敗でした。
3失点とも素晴らしいシュートでした。
前線での「ため」
西のクロスに飛び込む前田のタイミング。
途中出場の山本の2ゴールも
誰も止められない,芸術的なシュート。

前半
ものすごいハイプレスをかけられ
中盤が「たじたじとなりにけり」。
まったくボールを触れない。

こりゃあ後半には磐田の足がとまるな…
と思いきや,途中交代の選手が優秀で,やられてしまいました。
かつて仙台の万代が磐田に移籍し,まったくレギュラーの座をつかめませんでした。
それだけ優秀な若手がいます。
(まあ当時の若手は上田や松浦,カレンなど皆伸び悩んで今は他チームに移籍しましたが…)
なんなんでしょう?山本,山田とかいうスーパーな若手は!
反則かと思いますね。

それにベテラン助っ人の存在。
いつのまに古賀がいるの?(ホームで見て唖然としました)
それにロドリゴ?
何?あのマルチな働きぶりは!!
昔仙台にいたロドリゴとは段違いの優秀な逸材ですね。
途中補強が大成功ですね。
末恐ろしいチームです。


仙台のまずさはスカパー解説の桑原氏がすべて言い当てていました。
・運動量がない
・梁が不調
・ドリブルなどの仕掛けがない
・緩急がなく「緩」ばかり
・最終ラインから梁,赤嶺にボールが渡らない


この連戦で選手層の厚さに差が出たのでしょう。
ベガルタはベテランと中堅のレギュラー陣が奮闘していますが,
カップ戦を乗り切るだけのバックアッパーがいません。
ここにきて若手を育てていなかったつけが回ってきました。
リーグ戦にまでこの影響が出なければいいのですが…

手倉森さんは
目を覚まして!

結論!
私からの提言です。
優勝争いよりも
若手の育成をテーマにしたほうが
来シーズンのためになると思います。




韓国語ジャーナル31号
アルク
【KJ Interview】KJ31号の表紙&巻頭インタビューは、今もっともパワーあふれる若手俳優、

楽天市場 by 韓国語ジャーナル31号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック