赤嶺はマルコスを超えるか

仙台2-0新潟

新潟の皆さん
ユアテックスタジアムに大勢お越しいただきありがとうございました。
J1では一度も勝てない相手でしたが、ようやく勝つことができました。
五輪代表の試合で主力がいない新潟さんは
後半に息切れしてしまいましたね。

アトム選手の無回転FKなど
前半は新潟の攻めが多く見られました。

仙台は富田が果敢にインターセプトしたり
長身選手の懐にもぐりこんでボールをキープしたり
彼「らしさ」全開で活躍しました。
(しかし二度ばかりシュートチャンスをトラップミスで潰しました。これも彼「らしさ」かな?笑)

先制点は後半でした。
富田からのクロスをファーで折り返した赤嶺。
それに反応したキンのヘディングシュート。
しかし枠を外れ,再び赤嶺のところへボールがこぼれてきました。
赤嶺は迷うことなくゴールマウスめがけて強く蹴り込みました!
4戦連続ゴール!
これはマルコス以来の快挙です。
今季11得点目をあげました!

しかし本当に赤嶺選手には頭が下がります。
ナビスコカップも合わせて、連続出場。
すっかり仙台のエースです。
相当疲労が蓄積しているでしょう。
昨日も交代間際にカウンターで左サイドを駆け上がる活躍を見せました。
柳沢へのパスは疲労からかミスをしてしまいましたが、誰もが認めるFWの役割を果たし、
ようやく今季初出場の武藤選手と交代しました。

私の永遠のヒーローはマルコスです。
今、そのマルコスを越えようとしている赤嶺選手がいます。
二人とも、ここで入れてほしい!というときにゴールを決める選手ですね。
佐藤寿人選手も偉大でしたが、赤嶺選手は昨シーズンの降格危機を救っていますし、
今シーズンはJ1での大躍進を支える活躍をしています。
もはやマルコス選手を超えたといってもいいぐらいですね。

鹿児島実業~駒沢大~FC東京とエリートコースを歩み、
なぜか、仙台の地を踏んでくれました。
「新入り」の選手をほとんど使わない手倉森さんでも
赤嶺選手に限っては、獲得した直後からスタメンで使っています。
やはりFWとしての能力がチーム内でずば抜けている証拠でしょうね。
ベガルタは赤嶺選手を宝物のように大切にしなければいけないと思います。
もし今、彼がいなかったと想像すると、恐ろしくなります。

この記事へのコメント

arashin
2011年09月18日 18:14
昨日はお疲れさまでした。
地下鉄の割込み少年軍団,次回は指導しましょう。
さて,快勝!勝ち点41!もう安心かな
(以下,スポーツ報知の記事から引用です。)
『赤嶺,日本人初の4戦連発』快挙ですね。
『1シーズンに2度の3連勝』リーグ初だそうです。
『2点以上を奪っての3連勝』リーグ初だそうです。(90分以内)
なにより,
『J1でのベガルタ勝ち点41』クラブ史上初ですよね。
『武藤雄樹J1デビュー』おめでとう。
残り試合でも勝ち点を上乗せしてもらい,
J2制覇時の勝ち点51になるといいなぁ。
さて,仕事仕事(汗)

この記事へのトラックバック